top of page

朝日親と子の自然環境教室を大学で実施しました

2021年11月に神戸女学院大学で、朝日親と子の自然環境教室を実施しました。この取り組みは、NPO法人シニア自然大学校が主催し、朝日新聞が後援して行っているものです。


ここ何年も昆虫について学ぶ講座が夏に行われていたのですが、コロナの関係で、結局、秋に実施することになりました。昆虫の数が少なくなる時期でしたので、心配していたのですが、探してみると思いの外、いろいろな虫を捕ることができ、子どもたちも楽しく、昆虫について学ぶことができました。


当日は、午前中に学内で昆虫採集を行いつつ、午後からは採集した昆虫を実体顕微鏡で拡大して細部を観察したり、スケッチをしたりしました。


これまでの講座と同様に、本学の名誉教授の遠藤知二先生が今年もメインの講師を務められました。2022年度は遠藤先生からバトンタッチで私がメイン担当者になる予定です。学生スタッフもお疲れさまでした。


◎当日に子どもたちに観察してもらうための昆虫の多くは、講座の数日前にあらかじめ設置しておいたこのマレーゼトラップで採集しておきました。このトラップによって、特に飛翔性昆虫を効率よく採集することができます。見た目がなんだか馬みたいです。虫は最終的に馬の頭の辺りの採集瓶に集まるような仕組みになっています。





Comentários


Featured Posts
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page