top of page

土の中の生き物たちを調べてみる

環境・バイオサイエンス学科の1年生を対象とした「環境科学基礎実習」は、自然科学的な思考方法や科学実験の基礎技法などを学ぶ、導入の授業です。オムニバス形式の授業で、複数の先生がそれぞれの専門を活かした実習を行っています。


私の実習回は、土の中にすむ土壌生物の採集と観察です。学内の森で、土のpHや土壌水分量の計測と土壌生物の採集を行い、これらの環境要因と土壌生物の多様性や個体数との関係を分析しています。生物多様性と環境要因との関係を調べる方法や分析の仕方を学ぶことが目的です。


◎アザミウマ(だと思います)の一種です(撮影は教学職員の方)。毎回、様々な土壌生物が見つかるのですが、トビムシやダニの仲間がよく見られます。基本的に、土壌生物は小さいものが多いため、実体顕微鏡を使って種類を判別します。




Comments


Featured Posts
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page